読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタバに恋した男が綴る、けっこうマジなダイエット情報

妻の罵詈雑言のおかげでダイエットに成功しました(笑)体験談や話題のダイエット法をまとめてます。

急激なダイエットに伴う精神疾患のリスクと、神経性無食欲症になる危険性

 

あなたの周りに身体は痩せこけてガリガリなのに、


「私デブだから、もっと痩せないと」って、

 

真顔で言う人いない?

 

 

「いやいや、それ以上痩せる必要まったくないんですけど」

 

みたいな。

 

 

だってもう、指で突っつくと折れちゃいそうなくらい痩せてるんだよ。

 

身体から骨の形がわかるくらい痩せてるんだよ。


でも本人は、いたって真剣。

 

 

ダイエットに失敗した人が痩せてる人に、

もし真剣にそんなこと言われたら頭にきちゃうよね。

 

「なにそれ。あたしになんか言いたいことあんの」って。

 

 

「あんた自分がちょっと痩せてるからって、いい気になってんじゃないよ」って。

 

 

でも実際に痩せこけている人で、自分がすでに

十分痩せていることを知っていて、わざと嫌味を言う人が

いたりするからややこしいんだけど。

 

それはただの自慢なんだけど。

 

可愛い子が、「私、全然モテナイから」みたいな。

 

 

じゃなくて、痩せても痩せても痩せたい願望に終わりが無い人がいたら、

その人はもしかしたら神経性無食欲症っていう病気かもしれないよ。

 

 

神経性無食欲症とは

 

摂食ダイエットに伴う精神疾患のこと。

 

ちなみに精神疾患自体には統合失調症や躁うつ病、

パニック障害や睡眠障害、薬物依存症などといったさまざまな症状がある。

 

現代社会において成人の5人に1人は、

なんらかの形で精神疾患を体験するというデーターがある。

 

 

神経性無食欲症になると、どんな状態になるのか?

 

ダイエットで体重が落ちた成功体験に歯止めが効かなくなる。

 

もう十分、というか目標体重まで落ちたのに、

自分のことを「まだ太っている」と思ってしまう。

 

周りからすると信じられないけど、

神経性無食欲症の人は鏡に映った自分が激太って見えている。

 

 

神経性無食欲症になる人の傾向

 

ダイエットに取り組む若年層の女性が圧倒的に多い。

 

近年では低年齢化が進み、小学生の女の子の発症も増加傾向にある。

 

子役とかモデルを目指す子が増えたのも関係あるんだろうな~。

 

 

問題点

 

治療が非常に難しい点。

 

最悪の場合は合併症や自殺で命を落とす可能性もある。

 

その数は15%前後の割合と言われている。

 

15%って聞いて多いと感じるのは私だけだろうか。

 


主な症状例

 

・極度の体重減 ~ 過去最低の体重

 

・女性の場合、無月経 ~ ホルモンバランスの乱れ

 

・抑うつ、睡眠障害 ~ 不安定な精神状態に伴う異常

 

・低血圧 、便秘、腹痛

 

他にもいろいろある。

 

 

そしてここ大事。

 

神経性無食欲症になると人間関係が乱れて

人と信頼関係が築けなくなる。

 

 

なぜなら周りから見たら痩せすぎなのに、

本人は自分のことを太っていると思い込んでいるから。
(本当は病人だから)

 

だから会話が成立しない。

 

友達:「最近、痩せすぎだよ」(心配)

 

本人:「私のこと?全然太っているよ」(嫌味言わないでよ!)

 

友達:「どこが太ってるのよ。人が心配してるってのに」(私に対する嫌味かよ!)

 

・・・。

 


発病した方達の過去をさかのぼると、

幼少期の頃に辛い思いをした方や、高学歴の方が多いなどの

傾向があるようだけど、学説的にまとまってはいない。

 


治療法

 

神経性無食欲症は精神疾患ということをよく理解すること。

 

心の病気だってこと。

 

今のところ心理療法やカウンセリングなどを通じて、

その人に合った治療を根気良く続けるのが最善。

 

まちがってもやってはいけないのが、単純に体重を増やそうとすること。

 

もう一度言うけど神経性無食欲症は身体の病気ではなく心の病気だから。

 

だから治っていない状態で体重が増加すれば、

それは症状を悪化させることになる。

 

本来であれば正常な体重に戻ることを、

「デブになる」という受け止め方しかできないから。

 

 

以上が神経性無食欲症のまとめ。

 

あなたの周りに痩せすぎた人はいないだろうか。

 

 

仮にいたとしたら、

 

その人の痩せ方が正しいダイエット法の結果ならいいけれど、
病的だったら気をつけてあげたほうがいいかもしれない。

 

私も急激に体重を落として病んだことがあった。

 

神経性無食欲症って、けして大げさな病気じゃないよ。

 

 

 

         関連記事はこちら

           ↓  ↓

徳井の低炭水化物ダイエットから学ぶメリットとデメリット