読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタバに恋した男が綴る、けっこうマジなダイエット情報

妻の罵詈雑言のおかげでダイエットに成功しました(笑)体験談や話題のダイエット法をまとめてます。

鼻呼吸で横隔膜を鍛えて呼吸ダイエット

 

自分に合ったダイエット法を探すときはどうしても、「簡単」「手軽」「短期間」といった内容の方法を探したくなる人が多いと思う。その気持ちはわかる。多くの人が誰だって苦労したくないし辛い思いも嫌なはずだから。

 

浜田ブリトニーのずぼらダイエット

浜田ブリトニーのずぼらダイエット

 

 

そんな人にピッタリなダイエット法があります。それは呼吸ダイエット。呼吸って生きてればいつでも誰でもしてるじゃないですか。このダイエット法はそんな呼吸のメカニズムを活用してダイエット効果を高めようってものです。

 

ところで呼吸について詳しく知ってますか?成人だと1分間に12~20回すると言われています。仮に15回だとした場合、

 

15(回)× 60(分/1時間)× 24(時間/1日)= 21600

 

大体1日に2万回以上、呼吸している計算になります。毎日毎日2万回。

 

呼吸は主に横隔膜の筋肉を使います。横隔膜っていうのは胸とお腹の境目にある筋肉のこと。実はこの横隔膜は呼吸のためだけに存在している筋肉で鍛えると吐く力が増して、新鮮な酸素を身体に取り込むことができるんです。酸素が十分に身体に行き渡れば新陳代謝が活発になりますよね。これが呼吸ダイエットのメカニズムです。

 

では横隔膜を鍛える呼吸法を覚えましょう。

 

・椅子に座って背筋を伸ばします
・軽く目を閉じます。
・手を組みへその下にあてます
・鼻から胸に5秒かけて息を吸います
・次に息を5秒間とめて横隔膜を下げます(肺が広がります)
・それから10秒かけてゆっくり腹で吐き出します

 

ポイントは2点。呼吸はすべて鼻で行うこと。20秒程度かけてゆったり行うこと。これだけです。慣れないと最後の鼻からの吐き出しがキツく感じると思います。それはお腹の筋肉が退化している証拠。普段トレーニングしている人やインナーマッスルが鍛えられている人なら楽にできることでしょう。


呼吸ダイエットは二次的効果としてインナーマッスルが鍛えられたり、自律神経の働きをよくしたりします。深呼吸でリラックス効果を得られるのもこの効果です。交感神経の緊張も抑制されますからね。寝つきが悪い人ほど試す価値があります。睡眠ダイエットにも関わってきます。

 

睡眠ダイエットの記事はこちら ⇒ 睡眠ダイエットの効果を高める2つの方法

 

今日の一言

呼吸法の歴史は古く、『東洋の宗教の歴史は呼吸法の歴史』とも言われています。インドのヨガ・中国の気功・日本の座禅などはいずれも呼吸法をベースに心身の状態を改善しようとするもので、どれも横隔膜の働きに着目しています。