読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタバに恋した男が綴る、けっこうマジなダイエット情報

妻の罵詈雑言のおかげでダイエットに成功しました(笑)体験談や話題のダイエット法をまとめてます。

ダイエットに一番適している運動はウォーキングです

 

ダイエットメニューの食生活に慣れてくると、
さらに健康的に痩せたい欲求がでてきます。

 

このステージにくると・・・

 

 

ダイエット関連の知識欲も芽生えてきたりします。

 

栄養について知りたいとか。

 

運動について詳しくなりたいとか。

 

あーでもない、こーでもないとか。

 

 

このモードは自分の身体への関心が深まってきてる証拠。

 

こうなると行動して結果を検証していくようになるので、

メチャ楽しいですよ。

 

 

遅い時間にラーメンを食べたら2日間体重が落ちなかった。

 

雨で3日間ウォーキングできなかったら、いつもより消化が遅かった。

 

昼にハンバーガーを食べたら、腹持ちし過ぎて夕食が美味しくなかった。

 

などなど。

 

 

さて、ダイエットの運動にはいろんな種類がありますが、

老若男女問わずいつでも手軽にできる運動は?

 

といえば、

 

『 ウォーキング 』

 

でしょう。

 

 

私は毎朝1時間、週4~6のペースで行っています。

 

ジョギングと比較すると膝への負担が少ないのが

ウォーキングのいいところ。

 

 

ウォーキングで気をつけているポイントは3つ。

 

・準備体操 / 関節を入念に ~ 冬場は特に

 

・できれば40分以上 ~ 有酸素運動を考えて

 

・2日に1度は続けたいところ

 

です。

 

 

さらに細かいポイントを簡単にまとめてみました。

 

それではどうぞ。

 

 


ウォーキングに適した歩き方

 

 

リラックスして自分のペースで歩けばOK!

 

一般的な成人が普通のペースで歩くと大体、

1km 歩くのに10分前後くらいが目安になると思います。

 

通勤や通学を思い出してみるといいかも。

 

 

カッコよく歩くコツは背筋を伸ばして遠くを見ながら歩くこと。

 

そうすると自然に姿勢がよくなって、颯爽としているイメージになります。

 

姿勢がよくなると酸素の摂取量も向上するので一石二鳥。

 

 

あと、慣れてきたら試して欲しいことがあります。

 

それは自分のフォーム(身体の使い方)に集中してみることです。

 

 

するとあることに気づきます。

 

あることとは・・・

 

自分の身体が左右均等に運動していなかったり

力の入り具合がちがったりしていること。

 

えっ、今まで知らなかった?!

 

そうなの?!

 

 

そんなことに気づきながら、膝の出し方や

腰の捻り具合に変化を与えてみましょう。

 

マジで面白いですよ。

 


人間はよく見ると顔も左右対称じゃないように、

身体も日々の生活習慣の中で左右非対称になっています。(ほとんどの人が)

 

 

その非対称が肩こりや疲労の原因になったりするんです。

 

無意識のうちに特定の部位に負荷をかけてしまうんですね。

 

 

ウォーキングを始めてよかったのは

痩せたのはもちろんですが、

肩こりがピタッと無くなったことですね。

 

始める前は相当ひどい状態でしたが今はまったくありません。

 

当時はてっきり加齢が原因だと思って、

「40肩だよな~」なんて考えていました。

 

肩もみしてもらってもダメ。

 

整体に行ってもダメ。

 

マッサージしてもダメ。

 

マッサージチェアでもダメ。

 

 

結局、ただの運動不足だったって訳です。

 

 

今ではPCを長時間やっても眼精疲労にさえなりません。

 

 

めっちゃ助かるわ~。

 


ウォーキングで消費するカロリー

 


ウォーキングは歩き方によって消費カロリーが違います。

 

遅めにのんびり歩く:1分間に約2.7kcal

 

普通(10分に1kmのペース)に歩く:1分間に約3.3kcal

 

ちょっと早めに歩く:1分間に約4.2kcal

 

競歩のペースで歩く:1分間に約7.9kcal

 

を、目安にしてください。

 


あと、あなたの体重が60kgだったとして

300kcal 消費したいとします。

 

その場合の所要時間は、

 

散歩なら・・・110分


平常歩なら・・90分


速歩なら・・・・60分


急歩なら・・・・38分

 

が、目安となります。

 

 

300kcal消費するのに、普通のペースだと

1時間30分歩かないといけないのです。

 

 

あなたは毎日確実に1時間30分、時間を確保できますか?

 

私は無理です。

 

 

という風に考えると、普段はできるだけ

エスカレーターやエレベーターを使わない方がいいって

思えませんか?

 

 


ウォーキングの効果

 

 

効果はさまざまな形で現れると思ってください。

 

「さまざまな形ってどういうこと?」

 

 

ウォーキングを始める前は、痩せるとか

寝つきがよくなるとかの効果を期待すると思います。

 

でも実際に始めてみると体感する効果は人それぞれです。

 

これがまたイイ(笑)

 

 

例えばウォーキングすることによって、

 

痩せる ~ 体調が整う。

 

そして、

 

・便秘が治る

 

・肩こりが治る

 

などはもちろんのこと、こんなメリットもあります。

 

・オシャレに気遣うようになる

 

・周りの人から「痩せましたよね」って

 言われるようになる

 

これらによって精神的に満たされる。

 

などの二次的効果もあります。

 

 

二次的効果と言えばおススメなのが女性。

 

 

女性の場合は便秘が治ると肌の状態がよくなります。

 

肌の状態がよくなると化粧のノリがよくなります。

 

化粧のノリがよくなると、


「キレイになったね」

 

とか、

 

「最近、肌にハリがでてきましたよね」


なんて言われるようになります。

 

すると気分がよくなります。

 

気分がよくなると笑う回数が増えます。

 

笑う回数が増えるということは、

 

「楽しく感じる時間が増える」

 

ということです。

 

 

これも二次的効果ですよね。

 

 

 

なのでウォーキング実践者の立場から言わせてもらうと、
ウォーキングを継続して行うと、

 

「あなたなりの効果を得ることができる、だからぜひやってみて欲しい」


というのが心から思うことです。

 

 

本当の健康とは心と身体、心身共にのこと。

 

と、言われます。

 

 

その通りだと思いますし、私自身ウォーキングを継続した結果、
痩せたりスタイルがよくなったりしました。

 

そんな自分になってみて最も満たされたのは何かといえば、
それは気持ち(内面や心)だと断言できます。

 

・健康診断の数値が改善されてきて安心する

 

・スタイルがよくなって気分がよくなる

 

・四季の景色を楽しむことでストレスを解消できる

 

などです。

 

 

もしかしたら正しいダイエットって心のダイエットかもね。

 

 

 

時間帯

 

 

最も効果が高いのは朝食後です。

 

理由は、脂肪を効率よく燃焼させるためには

交感神経を活発に働かせる必要があるからです。

 

 

交感神経が活発に活動するのは、

 

・夜よりも朝


・空腹時よりも食後

 

なのです。

 

 

ということから、ダイエットウォーキングに

ベストな時間帯は朝食後になるのです。

 

が、この時間にできないようなら

あまりこだわらなくても大丈夫です。

 

 

だって朝食後に歩くためには、朝食を作る時間を早めないといけないから。

 

となると作る人(パートナー?自分?)の問題が増えます。

 

それが原因で、

「朝食後は無理だからや~めた」

なんてのは本末転倒。

 

ですよね。

 

 

私は食前派です。

 

朝起きて500mlのミネラルウォーターを3回に分けて飲んで、

軽くストレッチしたらスタート。

 

それでも効果はバッチリありますからね。

 

 

理想は朝食後、でも無理ならやらないよりやった方が

断然いいと覚えておきましょう。

 

 

参考までに医学的にも、朝食後に20分以上の有酸素運動は

日中の血糖値の上昇を抑えるというデーターがあります。

 

データーはこちら

 

 

余談。

 

ウォーキングをしていると、人間の身体って

本当に面白いな~って思うことがあります。

 

それは真冬でも真夏でも、歩き出してからキッチリ20分後に発汗してくること。

 

外がメチャ暑くてもメチャ寒くてもほぼおなじなんです。

 

ホント不思議です&感動します。

 

 

でも、雨や用事で3日程歩けない日が続くと

プチストレスになってしまいます。。

 

 

ストレス解消のためにやってることが原因でストレスになる。

 

それもどうかと思いますが・・・